自己投影夢女になったら人生がちょっと楽しくなった話

 夢*1を食べ出して早十余年、自分が自己投影するようになるとは思ってもみなかった四ッ戸です。

 この記事は、自己投影型夢女*2に目覚めてから初のオフ会に向けて推し推してる女として恥ずかしくない格好で行きたい!!!!」と頭を抱えた私が、あれこれ頑張ったらちょっと楽しくなってきちゃったという内容です。もしよろしければお付き合いください。

 

事の発端

 思い返せばゾッとするほど長い間夢を食べて生きてきた私ですが、今までは相手のキャラクターが誰であろうと、読む時も書く時も自己投影をしたことはありませんでした。読む時はヒロインを独立した一人のキャラとして見ていたし、書く時は「こんな女の子とこんなことしてるキャラが見たい」という映画監督のような視点で書いていたので…。
 ところがどっこい。出会ってこれまた十余年経つ推しにこのタイミングでまさかの自己投影。すでに一回り下になってしまった彼相手に「なんで今なん…なん…は…?当時私のが年下だっただろ…その時に目覚めろよ……」と思わんでもないのですが、今は今で超絶楽しいのでまあオッケーです!

 話が逸れました。

 そんなこんなで他キャラを推している自己投影型夢女たちと毎日Twitterでキャッキャと戯れていたのですが、ひょんなことから「夢女オフ会をしよう!」という流れになりまして。最近流行ってるっぽいんですよね夢女オフ会。TwitterのRTでもよく見ます。いつか出来たら面白そうだなあとは思ってましたが、よもやこんな早く開催することになるとは。まだ自己投影デビューしたばっかりの四ッ戸、大混乱。
 とはいえお喋り大好きですし、折角のお誘いならば快く引き受けたかったのですが、そこで立ちはだかった障害が3つ程。告白します。わたくし、四ッ戸。自他共に認めるデブ+ブス+おしゃれ力0女です。

 

 オフ会の日程が決まってからもう毎日どうしようどうしようって言ってたんですが、どうにもならないのでとりあえず一人作戦会議を開催。

 

デブ:身長151cm、体重74kg、体脂肪率40%
ブス:毎日すっぴん、最初で最後のコスメ購入日は5年前
おしゃれ力:外出用に着れる夏用衣服が上下1着ずつ

 

う~~~~~~ん!!!無理!!!!!!!解散!!!!!!!!!!!!(号泣)

 

 いや…ほんと…私はこの数年間一体何をしていたんだと打ちひしがれたよね…最悪デブとブスはどうにもできないとしても、さすがに服が上下1着ずつってどういうことだ…しかもそれも買ったの3年くらい前だろ……まさに服を買いに行く服がない状態かよ………。と、うだうだ言っててもお店なんかも色々もう予約してくれたりしちゃってたし、何よりも実際にお会いした時に「えっ(笑)こんなのが自己投影して○○推してんの(笑)」ってなりたくなくて~ッッ!私のことはどうしようもないけど私のせいで推しが笑われるのだけは絶対に嫌で~~ッッッッ!!

 これはもうここからどうにか手を付けられるところをできるだけ改善するしかないなと思いまして。再び一人作戦会議を開催した結果、

 

デブ:わりと本当にどうしようもない
ブス:化粧道具で殴るしかない
おしゃれ力:最悪でもオフ会を乗り切れる程度の服を手に入れるしかない

 

 このような結論に。デブ項目が本当に救いようがなくアチャーって感じなんですけど、ブスとおしゃれ力に関してはまあまだギリギリなんとか間に合うんじゃないかなって!!やらないよりはマシなくらいにはなれるんじゃないかなって!!マイナスよりゼロのがまだいいよなって!!!!
 そんな感じで自分を慰めつつ、私の1ミリでも推し推してて恥ずかしくない女になろうキャンペーンがスタートしたのでした。

 

経験値ほぼ0女、必死の抵抗

デブ

 これに関してはもう気休めを精一杯やろうっていうことで、できるだけ食事の量や睡眠時間や運動頻度に気をつけることに集中しました。半身浴やったりとかしちゃってね。少しでもマシに見せようみたいな感じで全身全霊悪あがき。ドンキで1袋100円で売ってた汗かける入浴剤みたいなやつが最高でした。

 

ブス

 人生最初で最後にコスメを買ったのがまさかの5年前だったんですけど、全部捨てて全部買い直しました。メーカーやブランド名なんて全然わかんないまま、とりあえず自分の感じてる肌トラブルなんかと照らし合わせて@cosmeSNSをサーフィンしまくる日々。あとYoutubeでメイク動画とコスメレビュー動画も観まくりました。
 いままで作業用BGM集で埋まっていた履歴やおすすめ一覧がそういう関連動画でだんだん埋め尽くされていくのは何とも言えない不思議な感じ。

 

おしゃれ力

 長い年月をかけて全身で霜降り肉を育ててきたうえに夏場なので隠せるものもなく…!!着れる服より着れない服の方が圧倒的に多いのですが、その中でもできるだけ自分をまともに見せてくれつつ悪くないんじゃない?って服を探し周りました。おかげさまで今年流行りのバックリボンがついたストンとしたタイプのワンピースをゲット。ひとまず外に出かけられるようにはなれてよかった…。

 最後に化粧をした日も思い出せず、家で高校時代の体育服で過ごしてた私がまさかここまで頑張れるとは思わなかったです…夏コミの原稿もしながらだったからね…もうほんとに怒涛の1ヶ月って感じだったね……。
 でも時間をかけて洋服を吟味したお陰でワンピースを見た時に「これだ!」って思えたし、メイク動画を観たり実際に家で試行錯誤したりしたおかげで当日はひどい化粧崩れも失敗もなく楽しめました!やったーーーー!!

 

良かった点と悪かった点

良かった点

 自分の中のできる範囲で最大限の努力をしていったからか、当日は自分でもびっくりするほど心から楽しむことができました。
 今回の夢女オフ会に限らず、いつもイベントに行ったり彼氏とデートをしたりするたびに、見かけた可愛い女の子にどこか憂鬱な気持ちになっていた部分があったんですけど、そんな気持ちがほぼがなかった…!

 一緒に遊んだ夢女は私から見たら全員めちゃくちゃいい子で可愛くってキラキラしてたんですけど、そんな彼女たちと一緒に過ごしても卑屈な気持ちにならなかったというのは個人的に大きな成長かなと思います。まあ、撮った写真の数々で確認できる自分の顔の丸さはさすがにやべえなと思いましたが。

 

悪かった点

お金がすごい勢いで飛んだ

 この一点に尽きます。もう、びっくりする勢いで飛んだ。シャボン玉かってくらい高く飛んでった。夏コミの印刷費と合わせてダブルパンチって感じです。
 特にコスメなんかはちっさいチーク1個ですら外食1回分くらいの値段(1000円前後)したんで、毎回手にとってかごに入れるまで「いや…高くない……?」と葛藤してました。高いよコスメ…。脱毛もそうなんだけどさ……。昨今の『女性はちゃんと化粧してムダ毛処理も完璧なのがステータス!』みたいな風潮を許すのであれば、コスメ購入もムダ毛処理関連も全部保険適用にしてくんないかな……。

 

思わぬ収穫と今後の話

 そんな感じで無事に終えたオフ会ですが、今回あれこれ頑張ったお陰か、私にも少し変化が起きまして。

 まずは体重。いままで減ってるんだかキープしてんだかよくわかんない状態だった体重が減りました。具体的に言うと6kg減りました。何年ぶりだ?ってくらいぶりに10の位の数字が変わりそうです。こうなってくると「痩せるのって楽しいのでは…!?!?」と思えてくるんだから人間ってのは不思議な生き物である。

 そしてメイク。メイクというより、自分の外見に対する心持ちかな?
 実は今までもいろんな友人に「ちゃんとしたら可愛くなるよ」などありがたいお言葉をいただいていたのですが、正直それを受け入れられない自分がいて。生まれた時から筋金入りのサラブレッドデブっていうのもあって「そういうのは可愛い子がやってこそ意味がある」、「私なんかがメイクしたって…」、「私なんかが美容院に行っても…」みたいな。

 でも今回、動機こそ「私が自己投影型夢女として推している推しが私のせいで笑われるのは絶対嫌だ」という不純極まりないものでしたが、ちゃんと自分で悩んで服を選んで、ちゃんと自分で丁寧にメイクをしてみて、意外と悪くはないんだなあって。
 顔立ちがガッツリ変わるメイクなんてものではなく、少し肌を綺麗に見せるとか、少し目を大きく見せるとか、そういうさりげないものではあるんですが、それでもふとした時に鏡や窓に写り込んだ自分を見るとなんだかいいものだなあと。背筋が伸びる感じといいますか「ちゃんとしなきゃ」という気持ちにもなるし「ちゃんとしてるじゃん」という気持ちになるアレです。
 そういう自分で自分を褒めるという感覚は随分と久しいものだったし、周りから見た私はまだまだデブでブスなままだとは思うんですけど、自分から見た自分がただのデブから小綺麗なデブになるだけでこんなに精神的に違うんだなと痛感した次第でした。すごい。できるところから整えていくのってすごい。今までの人生、ちょっともったいないことしてきたなって気持ちすらする。多分これ、もっと痩せて『着れる服』じゃなくて『着たい服』を着て『なりたい顔』にメイクできるようになったらもっと楽しいんだろうな…!?

 今月は普段と比べてお金を遣い過ぎたのでまた暫く服やコスメを買うことはできないんですが、これを転機として気になるものはチェックしていきたいし、買ったものをより素敵に魅せられるよう、自分自身を磨くことも怠らずにいきたいなと思えた出来事でした。

 ありがとう推し!ありがとう夢女!これからもちょっとずつ頑張ります!イェイ!

 ここまでお読みくださりありがとうございました。四ッ戸でした。

*1:夢小説

*2:キャラクターの恋人相手等に自分自身を設定する夢小説好きな人のこと